レーザーテクノロジーとは

レーザーテクノロジーという言葉は、レーザーとテクノロジーの単語に分ける事ができます。

まず、レーザー(LASER)という言葉は、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」という言葉の頭文字からつけられた単語です。

この言葉は、「輻射の誘導放出による光の増幅」という意味で、短縮してレーザーとなり、波長、位相ともにそろった単色の平行可視光線を発するものという意味になっています。

レーザー光を特定の方法へ向かわせると、増幅させる光共振器が作り出せます。

それによって、レーザー光を使って、様々なものに応用させる事ができます。

次にテクノロジー(Technology)とは、英語で科学技術という意味ですが、具体的に機械やハードウェア、道具やシステムといった意味を指す時もあります。

つまり、レーザーテクノロジーという言葉の意味は、波長、位相ともにそろった単色の平行可視光線を発する機械やハードウェア、システムという事になります。

とても難しい言葉です。

日常、普通に生活している限りでは、めったに口にする言葉ではないですが、私たちの生活に利用している便利な電気製品などは、このシステムのおかげであると言えます。

身近な所に、レーザーテクノロジーはあるのです。