レーザーテクノロジーを利用したレーザートーニングの秘密

レーザーテクノロジーを利用したレーザートーニングは、シミや肝斑の治療に適した最新の治療方法です。

今までのシミや肝斑の治療に用いられていたレーザービームは、レーザーの中心部分とその周りのエネルギーに差がありました。

中心部分はエネルギーが強すぎて炎症を起こしやすいのですが、中心部分から離れるにつれてエネルギーが弱くなり、効果が現れにくいという欠点がありました。

それに比べ、レーザートーニングの方法は、照射させるレーザーのエネルギーに強弱の差がなく、均一にムラなく照射できます。

また、低出力で炎症を引き起こしにくいので、メラノサイトを活性化させる原因をつくることなく、効果的にメラニンを徐々に減らしていけます。

その為、肝斑のちょっとした刺激にもメラノサイトが活発化してしまう状態の時も、レーザートーニングの方法は適しています。

また、レーザーの波長が1064?もある為、皮膚の深くまで届き、メラニンが蓄積されている層までレーザーの照射をすることができます。

レーザーテクノロジーは日々進化を遂げています。