レーザーテクノロジーを利用した炭酸ガスレーザーの特徴

レーザーテクノロジーを利用した炭酸ガスレーザー治療は、ほくろやイボの除去に利用されることが多いです。

従来の方法だと、メスを用いて削り取る方法でしたが、レーザーテクノロジーが発達した昨今では、炭酸ガスを用いたレーザーで除去する事ができるようになりました。

メスを用いた方法よりも傷跡が小さく、出血量も少ないです。

また、細かい調節も可能なため傷跡も小さく、治療後の赤みも時間が経つにつれてだんだん消えていきます。

だいたい3日から1週間くらいでかさぶたになります。

シミの場合、個人差はありますが照射から2から6か月くらいで綺麗になります。

術後は、当日から入浴や洗顔、お化粧が可能です。

ただお化粧をする際、照射をした部分に軟膏を塗り、その上にテープを貼ってからファンデーションを塗る形になります。

しかし、メスを利用した場合よりも術後の生活に支障をもたらさないので、とても便利です。

治療後に日焼けをすると、再発の可能性が高くなりますし、治癒するまで何らかの支障をきたしますので、日焼けには十分な注意が必要です。

治療中は局所麻酔を使用するので、痛みもなく安心して受けられますし、時間もかからないので負担が少ないです。